toggle
2020-06-24

平穏な日常がありがたい

歩いているとキレイな紫陽花が目を楽しませてくれるこの頃、

3か月ぶりにスクールを無事に再開できて、初心に帰ったような清々しい気持ちです。

 

広々とした室内のル・サロンでは、

生徒さん皆さんゆったりと1テーブルずつお座り頂いての授業を行うことができ、

可能な限り安心、安全を実行できています。ありがたいことです。

ワインスクールは、もちろんしっかりワインを学ぶ場所ですが、

「ソムリエ等の受験対策で短期間に集中して試験合格のスキルを学ぶための学校」と、

「資格取得はさて置き、ワインが大好きで楽しくワインを学ぶための学校」があり

私が開催しているスクールは、もちろん後者のほう(^^)

 

「好きだからもっと知りたい」「楽しみながらのんびり知識を得たい」そんな方のために、

月1回の「優雅な習いごと」をお届けしています。

 

自粛生活の間、リアルではない状態の中で、どのようにしたら

「皆さんに楽しく美味しく優雅なひと時」をお届けできるか、真剣に考えました。

 

そしてたどり着いたことは、

レストランのお料理を自宅で味わう、美味しいけれど何かが足りない・・

と感じるのと同じように、

一緒に集い、同じワインを、皆んなで味わうことが、やっぱり一番で、

それがどれだけ素敵でかけがえのないことなのか、

改めて想い入りました。

特に、特別なワインを数種類、一度に並べて味わうのは、

個人ではとてもむずかしいこと。

でも、みんなで味わえば、そんな贅沢もできてしまうのです(*^^*)

 

3か月前には当たり前だった「平穏な日常」が戻ってくることは、

当分ない・・とか、もうずっとない・・(> <)とか、言われていますが、

先ずは、今こうして少人数でも集えることが「ほんとうにありがたい」。

 

秋に予定していた「フランス旅行」は、どうやら諦めることになりそうですが、

今は少し我慢をして、心置きなく飛んでいける時が来るのを、楽しみに待とうと思います。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です