toggle
2021-01-11

テタンジェ・コレクション1985

1985年は、実は私が社会人1年生の年。人生のひとつの節目の年です。

シャンパーニュにおいては、特に優れたヴィンテージのひとつ。

35年を経過した今、このボトルたちがどのような場所でその年月を過ごしてきたかは、

残念ながら知る由もありません。

 

ル・サロンには、3年ほど前にやってきました。

セラーでゆっくりと休ませて、そろそろ味わうのも良いかなあ・・。

きっと泡はかなり弱くなっていることでしょう。

 

正に一期一会、ワインはすべてそうですが・・。

このシャンパーニュの生い立ちを想像しながら、愛しみたいと思います。 Miyoko W.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です